FOSSYご利用規約

この規約(以下「本規約」という)は、一般財団法人職業技能振興会(以下「当財団」という)の提供する各種試験申込システムを含む試験運営、資格登録に係る利用者情報管理(以下「本サービス」という)を利用するにあたり、利用者が同意する必要のある規約です。利用者が利用者情報登録時に「同意する」ボタンをクリック、もしくは、当財団の指定するその他の方法で利用者情報の登録手続を完了した場合、利用者は本規約に同意したものとみなされます。


第1条【利用者情報登録や本サービスの利用手続に関する事項】
  • 本サービスには原則として1人につき1IDに限り登録できます。
  • 登録している利用者情報に変更があった場合は、ただちに当財団の指定する方法で変更の手続を行ってください。ただし、第6条に定めるとおり権利貸与、譲渡等による氏名変更はできません。
  • 各ユーザーのIDとこれに対応するパスワードは、第三者に推測されづらい文字列にて設定の上、利用者自身で責任をもって保管ください。
  • 本サービスの利用手続を行うために利用するIDが盗用された場合、当財団では責任を負いません。パスワード内容の変更依頼をただちに当財団へ申し出てください。
  • 本サービスの利用手続を行うためのIDとこれに対応するパスワードによって行われたあらゆる申込内容は、そのIDに対応する利用者情報の主体であるところの利用者によってなされたものとみなされ、本サービスの利用が第三者によって行われた場合も、その利用者は申込料やその他の債務の全てを負担する必要があります。
  • 利用者が、本サービスを利用する際には、受験予定の試験や資格登録手続きの実施要項を事前に確認する必要があります。申込を完了した場合、利用者はこれらの実施要項に同意したものとみなされます。
  • 実施要項とは、試験や資格登録の申込手続きを含む概要を記した書面を指し、必ずしも実施要項の名称であるとは限りません。
  • 個別の試験や資格登録手続きにおいて実施要項と本規約の内容が一致しないとき、実施要項が本規約に優越します。
  • 本サービスの利用にあたり当財団が取得した利用者情報は、当財団が別途定める個人情報保護方針に基づいて管理されます。

第2条【支払い手続きに関する事項】

本サービス契約者は、利用契約の申込みにあたり、次に定める方法により、試験等の申込みに係る料金をお支払いいただきます。

  • 銀行振込
    • 銀行窓口、自動預け払い機(ATM)、インターネットバンキング等により料金をお支払いいただけます。
    • 料金の振込に係る手数料は利用者負担といたします。
    • 何らかの事由により、申込みに係る料金が正しく支払われなかった場合、申込みを受付できない場合があります。
    • 一度支払われた料金について、下記の場合は返金いたしません。
  • 利用者都合により申込みを取り止める場合(病気やケガをされた場合、感染症の濃厚接触者に該当した場合および勤務先による移動制限を受けた場合、その他事情により試験を受験できない場合等も含む)
  • 天災地変もしくは行政による指示や要請により試験を実施できない場合
  • その他やむを得ない事情により試験を実施できない場合

第3条【利用推奨環境に関する事項】
  • 当財団のWebサイトをご利用の際は、以下の動作環境を推奨します。
  • 推奨環境以外では、ご利用できないもしくは正しく表示されない場合があります。
  • 推奨環境は動作を保証するものではございません。ご利用の端末環境や通信環境、他ソフトウェアなどの影響により正常に動作しない場合が御座います。

推奨環境一覧

OS バージョン ブラウザ
Windows 8.1, 10, 11 Google Chrome
Mac Big Sur、Monterey Google Chrome
Google Chrome OS 最新版 Google Chrome
その他 非推奨

※推奨以外の環境でアクセスされた場合、レイアウトが崩れる、もしくは正しく動作しない場合があります。


第4条【申込内容の変更(試験日時・会場)及びキャンセルに関する事項】
  • 申込内容の変更については申込手続きの締切日までに、変更手続きを完了してください。締切日を過ぎた場合は、原則として対応いたしかねます。
  • 申込みのキャンセルに伴う返金をできかねる場合があります(本規約第2条)。
  • キャンセルに伴う返金をする場合、受験料からキャンセル手数料を差引いた額を返金いたします。料金の返却は、利用者より指定された口座へ、指定口座の通知を受けてから1ヶ月以内を目安に当財団が振込むことで行われます(本規約第2条)。1か月たっても返金が確認できない場合、メールの確認や当財団窓口までお問い合わせください。
  • 利用者が入力した口座情報に誤りがあった場合、返金を実行できません。その場合、当財団よりメールおよび電話にて正しい口座情報の通知依頼をさせていただきますが、そちらにも返答がない場合、当財団として対応が出来かねます。口座情報の誤りに伴う、当財団から利用者への正しい口座情報の通知依頼から1年が過ぎた場合、返金希望の意思が確認できないため、申し訳ございませんがそれ以降は返金対応を行いませんのでご了承ください。
  • 認定登録や資格更新手続きもしくは物販を含む申込において、ご入金後のキャンセルおよび申込料金の返却は、原則行っておりません。
  • 各試験や資格登録手続き、講習会等の申込みにおいて、申込処理完了後の変更およびキャンセルに関するルールは個別に定められている場合があります。必ず実施要項をご確認ください。

第5条【通知に関する事項】
  • 利用者が本サービスの利用申込みから試験や講習会への出願、受付確認、案内通知、試験の合否や点数等の結果通知、認定登録や資格登録の案内や結果の通知に至るまでの各種通知については、原則として本サービスもしくはメールアドレス(当財団に届け出のあるもの)を通じて行います。
  • 利用者のメールアドレス(当財団に届け出のあるもの)の誤りや受信設定等により各種通知の受信を確認できない場合、利用者は本サービスを利用できません。
  • 講習会や試験への持参する書類(受験票等)や領収書については、利用者自身が本サービスよりダウンロードし印刷する必要があります。
  • 何らかの事由により利用者自身での印刷ができず郵送を希望する場合、手数料及び郵送に係る費用を負担していただきます。

第6条【禁止行為に関する事項】
  • 本サービスの利用にあたり、以下のいずれかに該当する行為は禁止されます。以下のいずれかに該当する場合は、利用者に対して情報の削除、利用停止、利用資格の取消等の措置をとる場合があります。
    • 当財団、本ホームページの他の利用者又は第三者の知的財産権、肖像権、プライバシーの権利、名誉、その他の権利又は利益を侵害する行為
    • 犯罪行為に関連する行為又は法令若しくは公序良俗に反する行為
    • コンピューター・ウィルスその他の有害なコンピューター・プログラムを含む情報を送信する行為
    • 当財団が定める一定のデータ容量以上のデータを、本サービスを通じて送信する行為
    • 当財団による本サービスの運営を妨害するおそれのある行為
    • 本サ-ビスの利用その他本規約に基づく権利、義務の全部または一部を第三者に譲渡、移転、名義変更し、または担保に供することはできません。

第7条【利用停止に関する事項】
  • 本サービスの利用を停止したい場合、本サービスからの手続きによりその旨を当財団に申し出ることで、過去の受験や資格登録の履歴を含む利用者情報を抹消できます。
  • 本サービスの利用停止に伴い利用者情報が抹消された場合、抹消された情報を復元することはできません。
  • 利用者が本サービスの利用停止をした場合でも、その後に再度利用開始を申し込むことが可能です。ただしその場合、以前に抹消した利用者情報は引き継がれず、また、過去の情報の再登録はできません。

第8条【利用取消に関する事項】
  • 当財団は、利用者が次のいずれかに該当する場合、利用登録の申込みを承諾せず、またはすでに承諾した本サービスの利用者としての資格をなんらの予告なくして取消すことができるものとします。その場合、当財団は利用者のメールアドレス(当財団に届け出のあるもの)に通知します。
    • 申込みをした利用者が実在しない場合
    • 利用者が申込みをした時点で、本条により利用登録の取消し処分を受けたことがある場合
    • 利用者の申込み時の届け出事項に、虚偽の記載、誤記、または記入漏れなど登録に必要な情報が不足している場合
    • 本規約のうちいずれか1つでも違反した場合

      暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業・団体、総会屋、社会運動・政治活動標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等、またはこれらの者・集団に便宜を図りあるいは実質的に関与していると認められる関係を有する、その他これらに準ずる反社会的勢力であると判明した場合

    • その他本サ-ビスの利用状況が適当でないと当財団が判断した場合

第9条【全般に関する事項】
  • 当財団は、本サービスを提供するための設備、通信回線等の保守その他工事をする場合には、予めその旨を当財団が適切と判断する方法によって利用者に通知し、必要な範囲内で本サービスを一時停止することができます。ただし、緊急の場合には、当財団は利用者への通知を行わない場合があります。
  • 地震、火災、ストライキ、輸送機関の遅れ、内乱、戦争、政府の指揮、当財団が準備する情報処理施設以外の通信回線の障害等により、当財団の責によらず、本サービスの提供が中断される場合、当財団は免責されます。
  • 当財団は、全国検定振興機構の発行した【民間検定試験の実施における新型コロナウィルス感染症対策ガイドライン】に基づく感染拡大予防策を講じた上で各種試験を実施します。利用者は、当財団の予防対策内容と来場者への協力依頼内容を把握し、また利用者自身が必要な感染予防対策を自己責任で行い受験を実施するものとします。そのため、当財団試験会場にて当財団が適正な試験実施を行ったにも関わらず利用者が新型コロナウィルスに罹患したことが発覚した場合、当財団は免責されるものとします。
  • 当財団は、本サイトに公示することにより、本規約を随時変更することができるものとし、利用者はこれを承諾します。利用者が本規約変更後に本サービスを利用した場合、本規約の変更を承諾したものとみなします。
  • 利用者が本規約を遵守しない場合や、利用者の不正行為の可能性について、当財団は、当財団の規定や実施要項、判断によって、その利用者の試験結果を無効とする等、何らかの対処を行う場合があります。

令和3年12月1日現在

一般財団法人 職業技能振興会